PKPD研究

薬物動態/薬力学(PKPD)アッセイは、リード化合物最適化段階の創薬活動を推進させる動力源と言えます。

当社は、研究プログラムを非臨床開発に結び付けてきた長年の経験により、薬物曝露量の検討に用いる生体内エンドポイントに対して、頑強な薬理学的感受性を有する複合モードのハイスループット技術の必要性を理解しています。

お客様が必要とする非臨床動物種および投与経路など、ほぼすべてに対応することが可能です。

全身/中枢神経系(CNS)の最大曝露を確実に検証するため、当社は初期段階の化合物製剤のエキスパートを擁しています。

Transpharmationは、PKPD関係の検証を目的に、小分子、タンパク質および抗体治療の評価に使用する無数のin vivoex-vivoエンドポイントを採用しています。これらのエンドポイントを以下に提示します:

行動/In vivo

特定の機構標的をモデル化したトランスジェニック動物(ラットおよびマウス)

標準的自発運動
体温(直腸およびマイクロチップ)

Irwin

ロータロッド

24/7概日リズム

レーザードップラー皮膚血流測定

薬物脳波(EEG)(リンク参照)

筋電図(EMG

発作モデル(リンク参照)

Laborasによる複雑行動評価(リンク参照)

Ex-vivo

全身薬剤曝露

CNS/末梢の対象器官組織に対する薬剤曝露

脳脊髄液(CSF)薬剤曝露

リガンド結合

バイオマーカー評価(RNAおよびタンパク質:お問い合わせ下さい)

血中ブドウ糖評価

臨床化学

神経化学

非臨床
疼痛
炎症性疼痛
神経障害性疼痛
認知障害
胃腸障害
睡眠障害
てんかん
うつ病/不安
PK/PD研究
統合失調症
バイオマーカー