自動行動

Transpharmationは、げっ歯類(ラットおよびマウス)において、小分子、神経ペプチドおよび抗体に対する迅速・長期行動スクリーニングを目的とした自動行動「ホームケージ」行動試験プラットフォームをご用意しています。

当社では通常Laborasシステムを使用します。このシステムは1990年代後半、スミスクライン・ビーチャムに所属していた私たちがMetris社を支援し開発したものです。

当システムは、中枢神経系への全身的かつ直接的薬剤投与後、複数の行動エンドポイントによる被験動物の客観的なスクリーニングに非常に有用であると証明されています。

水・食餌自由摂取下で動物用ホームケージにおける行動測定は、薬力学的エンドポイントによる堅固なデータ収集を可能にします。照明がコントロールされた環境下で、数週間まとめて中断することなく動物からデータを収集できるため、概日リズムも含めた活動性評価を行うことができます。

icon_info Laborasシステムの性能を示すデータセット一式を希望される場合はご連絡下さい。
テクノロジー
自動行動
タッチスクリーン認知試験
脳波テレメトリー
レーザードップラー
ヒト組織研究
生体内微小透析