胃腸(GI)障害

現在Transpharmationでは、ラットにおける数多くの生体内腸運動アッセイだけでなく、トランスレーショナル的な観点からヒト組織を対象とした重要な研究に関してもサポートしています。

協力企業および臨床ネットワークを通じて、当社は「健常な」患者およびさまざまな腸障害(例:過敏性腸症候群(IBS))を有する患者から採取されたヒト胃腸管組織(例:胃と結腸)を提供してします。

胃排出

ラット(in vivo):半固形、栄養素ベース飼料の排出

ヒト(in vitro):コリン作動性活性のベンチマーク vs. 臨床基準の変化

排便

げっ歯類(in vivo):排便±下痢/便秘を惹起させる刺激

げっ歯類(in vivo):ビーズ排泄試験

腸運動および分泌

ヒト(in vitro):神経筋活性のベンチマーク vs. 臨床基準の変化

ヒト(in vitro):蠕動反射

ヒト(in vitro):結腸粘膜における短絡電流の変化

これらは免疫組織化学に基づいて行われるものです。

icon_info 当社の非臨床・ヒト組織胃腸関連サービスについて、データセット一式を希望される場合はご連絡下さい。
非臨床
疼痛
炎症性疼痛
神経障害性疼痛
認知障害
胃腸障害
睡眠障害
てんかん
うつ病/不安
PK/PD研究
統合失調症
バイオマーカー