生体内微小透析

対象となる分子化合物の作用メカニズムの解明をサポートするため、当社はホームケージ環境で自由活動下の動物、または行動課題を課した動物において、in vivoの中枢神経系(CNS)微小透析にシングルおよびデュアルプローブを用いた手法を採用しています。神経伝達物質および神経ペプチドの大半を測定することが可能です。

微小透析を利用して特定の組織における小分子濃度レベル測定に関心のあるお客様に、この測定サービスを皮膚科領域(皮膚用医薬品へのサポート)およびCNSの各領域で提供することが可能です。

icon_info 詳細についてはご連絡下さい。
テクノロジー
自動行動
タッチスクリーン認知試験
脳波テレメトリー
レーザードップラー
ヒト組織研究
生体内微小透析