てんかん

多くのてんかん関連疾患にジェネリック医薬品が第一選択として使用されており、製薬業界におけるてんかん研究は、過去10年間で戦略的に減少の一途をたどっています。

しかしTranspharmationは、ニッチ市場であるてんかんの創薬プログラムおよび新規化学物質(NCE)の治療指数評価を支援するため、今なお定期的に非臨床のてんかんスクリーニングを実施しています。

当社のてんかんアッセイ:

  • 電気的に誘発した発作MESMESTminEST

  • 化学的に惹起した発作(例:カイニン酸、ペンチレンテトラゾール)

  • 脳発作活動のEEGテレメトリー測定に対するモニタリング

  • Racineスケールによる発作行動の詳細なスコア作成

  • ロータロッドおよびLaborasを利用しての治療指数同時評価

  • 新規抗痙攣薬の追加的治療有用性の特定(例:神経障害性疼痛治療)

icon_info 非臨床てんかんアッセイについて、データセット一式を希望される場合はご連絡下さい。
非臨床
疼痛
炎症性疼痛
神経障害性疼痛
認知障害
胃腸障害
睡眠障害
てんかん
うつ病/不安
PK/PD研究
統合失調症
バイオマーカー