うつ病/不安

治療抵抗性うつ病

過去56年間に多くの製薬企業が、不安障害/うつ病に関する創薬活動の縮小または中止を余儀なくされました。これは、既存のジェネリック医薬品(例:ベンゾジアゼピン系薬および選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI))を明らかに越える優位性を立証する臨床試験の実施が困難であることを反映しています。

しかし、モノアミン作動系を直接的な標的にせず、別の薬理学メカニズムが現在注目を集めており(例:ケタミン様薬物)、新規

抗うつ剤の研究開発が進められています。そのような 新規化学物質(NCE)は、SSRIを含め従来の抗うつ剤に抵抗性を持つ患者の治療を目指しています。そのため、非臨床を専門に研究していない多数のCROが提供する「汎用品」的なアッセイを確立させ、その研究開発につなげようとは考えていません。Transpharmationは、お客様の関心が高い治療抵抗性うつ病の研究に注力してきました。当社では、治療抵抗性うつ病の内因性モデルに基づく独自のサービスをご用意しており、行動性、電気生理学的および分子バイオマーカーアッセイと組み合わせることが可能です。

icon_info 治療抵抗性うつ病について、データセット一式を希望される場合はご連絡下さい。
非臨床
疼痛
炎症性疼痛
神経障害性疼痛
認知障害
胃腸障害
睡眠障害
てんかん
うつ病/不安
PK/PD研究
統合失調症
バイオマーカー